子供の成長と共に子供部屋を見直していきましょう

こんにちは仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。

今の時代は大人も子供もリビングで寛ぐことが多く、其々思い思いの過ごし方をします。
けれど子供の成長は目まぐるしいものがあり、高学年になると子供部屋の必要性が高まってきます。子供自身も自分だけのスペースを要求し、兄弟で一つの部屋を共有することに不満を持ち始めます。
今回は子供部屋の在り方と上手な活用法を考えていきましょう。

■子供部屋の在り方とは?
子供部屋に関しては悩む親が多いというのをよく聞きますね。核家族化が進むにつれて子供部屋は必要不可欠であるという観念があったのも事実で、思春期の子供にはプライベートな場所が必須であるという考えからなのでしょう。
また「何れは家から巣立っていくのにプライベートルームなんていらない」という考え方もあります。ですから家族でリビングルームを共有してコミュニケーションをとるというのが最近の家族の在り方でもあります。
これは誰もが経験することで、子供部屋が必要かどうかの答えは一つではないでしょう。
個々の考え方の相違で変わってきますし、子供部屋のあるなしで「正解」「不正解」だとは言えません。どちらであってもプラスマイナスはあるもので、子供の意見も尊重しながら話し合って決めていくのがベストではないでしょうか。

■子供部屋を仕切る方法
子供がまだ小さい間は子供部屋が一つでもあまり問題はありません。特に同性の場合は共有できる物も多いですし、少々喧嘩しても仲良く過ごすというのが兄弟です。でも成長するにつれて、互いに自分だけのスペースが欲しくなってきます。
そこで子供部屋が一つしかない場合は、部屋を仕切るということでプライベート空間を作り出すことができます。

◆カーテンで仕切る
簡易的に仕切るならカーテンで大丈夫です。ある程度のプライベート感は保てますね。
普通のカーテンより少し厚手のものにすれば、より防音効果が望めます。

◆収納家具で仕切る
間仕切り用として収納家具を活用する場合も少なくありません。今は子供部屋に適した本棚やタンスが販売されていますから、子供の好みに合わせてあげましょう。仕切る必要が無くなれば移動することで違うレイアウトが可能です。

◆ベッドで仕切る
この方法はよく使われる方法で、2段ベッドを分けて使うこともできますし、間にパーテーションを挟めば個室感が増します。間仕切りが必要無くなれば、家具を移動して違うレイアウトが可能です。

◆リノベーションをする
本格的に子供部屋を分けるなら、リノベーションがお勧めです。様々な素材を使って仕切ることができ、おしゃれで素敵な空間づくりも夢ではありません。特に女の子の場合はプライベートな空間も確保でき、可愛い壁紙などを貼ることで乙女チックな部屋にもできます。人気のDIYで挑戦する人もいますが、やはり専門業者の技には勝てません。

■まとめ
茶の間で食事や勉強をしていた時代を思えば、子供部屋は贅沢なものなのだと感じます。けれどこれも生活スタイルの変化で、より使い易く快適にというニーズの表れなのでしょう。でも何がベストな生活スタイルなのか?と問われれば、それは人其々の価値観が関わってくるもので、居心地のよい住まい造りは十人十色でしょう。

メニューを閉じる