中古マンションと新築マンションの比較

女性の憧れ「アイランドキッチン」 新築ではまずお目にしませんがリノベーションなら簡単に作れます

最近、仙台でマンション購入の際「新築マンション」と「中古マンション+リノベーション」で迷われるお客様が増えてきました。
リノベーション業界に携わる一人として嬉しいかぎりです。

■中古マンションと新築マンションを比較してみましょう
其々にメリット、デメリットがあります。
◆中古マンション
〇メリット
・販売価格が安い
・経年しても家賃変動が少ない
・比較的安価なので、現金での購入も可能
・実際の物件を見学することが可能
・住民情報を知ることが可能
●デメリット
・設備が古いので修繕しなければならない
・設備や間取りが入居者のニーズに合わない
・仲介手数料が掛かる
・駐車場の確保が難しい

◆新築マンション
〇メリット
・最新の設備が装備されている
・コミュニティが形成されていない
・長期保証が付いている
・当初の管理費や修繕積立金が低く設定されている
●デメリット
・販売価格が高い
・中古に比べると物件数が少ない
・隣人にどのような人が来るのか不明確
・実際の建物が完成していない
・資産価値の減少が大きい(新築プレミアムが価格の20%位と言われます)
・修繕積立金一時金が掛かる(数十万円~百数十万円)
・修繕積立金が将来的に上がっていく

リノベーションなら「小上がり」や「お店のようなカウンター」も自由自在に作ることができます

■中古マンションをリノベーションするのが人気!
仙台市内の新築マンションの平均価格は4,236万円(2018年実績)一方で中古マンションの成約価格は1,500~2,000万円で比較的お手頃な価格になっています。
今この中古マンションをリノベーションして、自分好みの住まいにする人が増えています。例えリノベーションに費用を掛けたとしても、新築の価格に比べるとリーズナブルなお値段で自分好みの物件を手にすることができます。
キッチンやトイレなどの水回りを中心に設備を変えたり、間取りの変更、壁紙や床の張替えなどをすると、住みやすい住まいに蘇ります。
新築マンションは自分のライフスタイルに合わない間取りであったり、住宅機器も好みでない場合が少なくありません。
それなら中古マンションをリノベーションして、理想の住まいに変えることで価値あるものになります。それが人気を集め注目されている要因なのかもしれません。

■まとめ
いままでは「住まいに生活を合わせる」のが一般的でした。でももうそんな時代じゃありません「自分たちの暮らし方・生活の仕方や好みに家を合わせる」というのがこれからの考え方になってきているのです。
CocoRenoのリノベーションではマンションの内部を一度全てを解体し「スケルトン状態」にします。そして一から床を作り壁を作り天井を・・・と、新築マンションのように作り上げるのです。
誰でも新築マンションへの憧れは持っていますが、細かい面をチェックしていくと必ず自分が思い描くものとの違いが出てきます。『ここはこんなイメージじゃないのに!』という感じで納得がいかないこともあるでしょう。
そういうことを考えると、中古マンションを購入し、リノベーションする方がマンションも活きてきます。やはりオリジナリティにこだわるというのも大事なことだとCocoRenoは考えます。

メニューを閉じる