もう手放せない!タッチレス水栓のメリット3選

  • 投稿カテゴリー:コラム

こんにちは。仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。
ショールームに行くと展示してある、見た目がスタイリッシュでとても便利なタッチレス水栓。

実際に採用して使ってみるととても便利で使いやすく、毎日のちょっとしたストレスから開放してくれます。

今回は、タッチレス水栓のメリットについて3つご紹介していきますね。

■手が汚れていても水を出すことができる
手をかざせば水が出るので、汚れた手でハンドルを触ることなく水を出すことができます。

キッチンであればハンバーグのお肉をこねた手を洗いたいとき、洗面所であれば外から帰ってきたときに、ハンドル部分を汚すことなく水を出すことができるのです。

特に外から帰ってきたときは、汚れてないように見えても触ったハンドルに菌がついていることがあります。

タッチレス水栓なら水を止めるときに、洗った手で再びハンドルに触れることがないので感染症対策にもなりますね。

また、ハンドル部分に手を触れることがないので、水垢つきにくいという特徴もあります。

あまり汚れず掃除がとても楽なのもメリットの一つと言えるでしょう。

■水を節約することができる
手をかざせば水が出て、離せば止まるので、無駄な水を使うことがなく自然と節水をすることができます。

食器をすすぐ時や、洗面所では歯を磨くときについつい水を出しっぱなしにしてしまうことってありませんか?

タッチレス水栓なら、いちいち水を止めなくても勝手に止まり、必要なときにサッと水が出るので効率的に節水できるのです。

また、小さいお子様の「水の止め忘れ」も防止することができるので安心して使うことができますね。

■小さい子供や車椅子の方でも使いやすい
奥のハンドル部分に手が届かなくても、水栓の下に手が届けば水が出るので、背が低い子供や車椅子の方で手が届きにくい方でも、簡単に使うことができます。

力が入りにくいご年配の方でも、手をかざすだけなので簡単に水を出すことができます。

子供ならある程度の身長があれば踏み台を置かなくて済むので、部屋をスッキリさせることもできますね。

車椅子の方なら、ハンドルに手を伸ばして服が濡れてしまった、ということを防ぐことができます。

育児・介護中にとても助けになる便利な機能だと言えるでしょう。

■タッチレス水栓を採用して清潔&便利な環境を手に入れましょう!
以上、タッチレス水栓のメリットを3つご紹介しました。

便利なことはもちろん、ハンドル部分を触らないことによって感染症対策にもなるタッチレス水栓、ぜひ採用してみてくださいね。