タンクレストイレが人気です

トイレと言えば洋式の水洗トイレが当たり前の時代ですね。便器の後ろに水を溜めるタンクがあるのがメジャーですが、最近タンクレストイレというのが人気のようです。タンクがないトイレを指し、見た目もスタイリッシュでスッキリ感があります。
リノベーションをする際には水回りを中心に考える人も多く、若い人達の間ではタンクレストイレが話題になっています。今回は、タンクレストイレのメリット、デメリットを探っていきましょう。

■タンクレストイレって?
タンク式トイレには水を溜めるタンクが設置されていて、側面にあるレバーで水を流しタンク上部には手洗い器がついていますよね。タンクレストイレには勿論タンクはありません。どのように洗浄するかと言えば、水道直結方式で水圧によって洗浄する仕組みです。デザイン的にはおしゃれでグッドですが、何にでもメリット、デメリットはあるものです。タンクありとなしではどのような違いがあるのでしょうか?

■タンクレストイレのメリット
◇トイレが広くなる
トイレ室内はどうしても狭くなりがちで、マンションではスペースを確保するのが難しいです。その点タンクレスはタンクがないので、高さは30cm前後、奥行きは10cm前後のゆとりが生まれ広さを実感できます。

◇掃除が楽になる
機器のフォルムがシンプルで凹凸がない為、汚れが溜まりにくいです。よって拭き掃除もし易くなり、タンクもないので掃除に時間が掛かりません。

◇節水ができる
タンク式トイレは1回の洗浄に13リットルの水が必要ですが、タンクレスの場合は、タンク式の半分以下の水で洗浄可能です。

◇水を連続で流せる
水道直結なので水を連続で流すことができ、水が溜まるのを待つ必要がありません。

■タンクレストイレのデメリット
◆手洗い器がついていない
手洗い器がないので、洗面所に隣接していなければ不便に感じるかもしれません。トイレ内に設置するのも良いですが、せっかく確保した空間が狭くなってしまいます。

◆便座を交換できない
タンクレストイレは温水洗浄便座一体型なので、故障しても便座を交換することはできません。メーカーに修理を依頼することになり費用は高額になります。

◆停電時には不便を感じる
タンクレスは電気を使って水を流す仕組みですから、停電時にはバケツで水を流さなくてはなりません。

■お勧めのタンクレストイレ
●TOTOネオレストシリーズ
価格は高めですが、節水力は抜群で他社を圧倒する高機能製品です。
●LIXILサティスシリーズ
デザイン性と機能性に優れている為、女性に支持されている製品です。サイズもコンパクトなのでトイレ空間が広くなります。
●パナソニック「アラウーノシリーズ」
トイレ掃除が苦手な人にはピッタリな製品で、掃除がし易いのが大きなメリットです。汚れをはじく有機ガラス系新素材を採用し、リーズナブルな価格も人気の秘密です。

■まとめ
タンクレストイレは魅力ある製品ですが、水道の水圧によっては設置できない場合があるようです。またトイレ空間が広くなっても手洗い器がないというのは、やはり不便な気がします。自分にとって必要かどうかを見極めてから設置するのが望ましいですね。

メニューを閉じる