リノベーションにサンルームをご計画ですか?


こんにちは仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。

リノベーションを計画されているなら一緒にサンルームをご検討されては如何でしょうか?後付けの場合は法的にはどうなのかなど色々考えてしまいます。今回はサンルームに焦点を当てメリット、デメリットを考えていきましょう。

■サンルームとは
サンルームは太陽光を多く取り入れる為に造られた空間と言えます。壁をガラス張りにしたりして明るくて暖かいイメージがあります。
洗濯物や布団を干したり、子供の遊び場として活用しているケースがよく見られます。
ガーデニングを趣味としている人にも好まれ、植物を育てるには良い環境かもしれません。サンルームには増築による施工や、設備メーカーが販売しているユニット商品があります。

◆サンルームのメリット
●天候に左右されず、洗濯物が何時でも干せる
太陽光が入るサンルームは洗濯物を干すには最適な場所です。花粉が飛んでいたり、天候が悪くても干したまま外出も可能です。洗濯物を雨で濡らしてしまった経験は誰でもありますね。そういう心配をしなくていいのは大きなメリットと言えるでしょう。
●ペットとの時間を楽しむ
ペットを飼育されている方は少なくありませんね。特にわんちゃんの場合は、ドッグランとまではいかなくても、日光浴もできる走り回れるスペースとなります。ペットもストレスが溜まるそうですから、サンルームがあると人と共に癒されます。
●開放感のある子どもの遊び場
全てガラス張りのサンルームは開放感があり、子供の遊び場には最適でしょう。子供にとっても屋外の景色を楽しみながら遊ぶのはワクワク感が増します。屋外と隔てられているプライベート空間ですから、安心して遊ばせることができます。
●断熱性が高まる
サンルームを設置することで断熱性が高まります。外気と内気との間にワンクッション置くことになり、電力の節約にも繋がります。

◆サンルームのデメリット
●夏は暑く冬は寒いのが最大
サンルームは太陽光を取り入れるガラス張りの空間ですから、暑い夏には適していません。猛暑日などには快適に過ごすことなどは決してできないという難点があります。また冬になると冷たい外気で部屋自体が冷え切ってしまいます。太陽が当たっている時は何とか過ごせますが、冬にも適していないというデメリットが考えられます。
◆サンルームを造る時の注意点
サンルームの後付けはできますが、10㎡を超える増築の場合は建築確認申請が必要となります。建ぺい率や容積率をオーバーしていたりすると調整しなければなりません。
設備メーカーが販売しているユニット商品はバリエーションが豊富ですから、検討するのも良いでしょう。

■まとめ
イメージだけで設置したいと思われていた方もメリット、デメリットを把握されてから施行した方が良いですね。ユニット商品も本体価格に施工費などが掛かりまので、事前にしっかり見積もりを確認するのが望ましいです。
実際サンルームで何をしたいかという目的を定めてから造ると、後で後悔することもないでしょう。我が社も常に家族が笑顔になるリノベーションを目指していますから、是非ご相談下さいね。

メニューを閉じる