マンションにおける収納について

皆さんこんにちは。仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。

本日のテーマは収納。
特にマンションにおける収納について書いてみたいと思います。

マンションの床面積ファミリータイプで65㎡位~80㎡と戸建住宅と比較すると限られた面積となっているのは皆様ご存じですよね。
昨日90㎡を超える物件を内覧いただきましたが、このような物件は稀ですし、市内中心部にあれば高額となってしまいます。
※昨日の物件はライオンズタワー勾当台通27階の4LDK、91.46㎡で4200万円 CocoRenoの事務所の前にそびえ立つタワーマンションです

この限られたスペースの中で如何にして収納力をアップさせるか?が鍵となってきますね。

上の写真は小上がりを造り、その内部を全部収納にした例です。
手前は三連の引き出し(奥行きが長い)、奥側は床下収納のようにつくり小上がりを余すことなく収納にしています。

こちらのお宅では収納する物をあらかじめ決めておき、その高さ通りに棚板を固定。
収納後の様子を撮影したいのですが「恥ずかしいから・・・」ということで撮影はNG。でしたが、設計通りにびっしりと収納できています。
※ゾウさんのクロスが目立ちますが、現在は本やCDなどが収納されて丁度良いアクセントになっています。

 

こちらのお客様は壁一面を収納にしたいというご要望でした。
造作で作ろうかと思っていましたが、丁度良い製品を見つけて購入。
現場に設置したところピッタリ!
まるでオーダー家具のような出来栄えにオーナー様もご満悦でした。

こちらはパントリーに可動式の棚を制作。
棚柱を壁面に設置、棚受金具と棚板というシンプルな構成。
最近のリノベーション事例によく出てくる収納ですね。

こちらのお客様はこの棚に色とりどりのIKEAのカゴを置き、可愛く収納しています。

RISATORP リーサトルプというカゴ

 

赤の他、青や白に加え新色のライトオリーブグリーンというカラフルで可愛い商品。
1つ税込み999円なので、沢山買うのは大変ですがとっても可愛いのでおススメです。

限られたスペースを最大限に生かすには、縦方向に考え方をシフトするのが最も効果的ですね。
こちらのお宅ではロフトを造りその下をKURAのような大きな収納スペースにすることで収納力を大幅に改善しました。

現在プランニングしているお客様は玄関脇の天井を少し(60cmくらい)下げて、そこに布団を収納できるように設計しています。
一年に数回しかないお泊りのお客様のために布団の収納スペースを大きくとるのではなく、天井に上げてしまうという新しい発想ですね。
※湿気がこもらないように換気も考えています

収納するものをある程度想定し、それに合わせた設計をすることも収納力UPの大きな要素となってきます。
収納アドバイザーさんに相談するのも良いですね。

「ここにキャニスターを並べて、この棚にはコーヒーカップを・・・」
など、色々悩むのも楽しいひと時です。

収納のプランニングもぜひCocoRenoにお気軽にご相談ください。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

メニューを閉じる