リノベーションしたらテレビをすっきり見せたい!おすすめアイデアを紹介

  • 投稿カテゴリー:コラム

こんにちは、仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。
リビングの中でも存在感の大きいテレビ。リノベーション後は大きなテレビに買い替えたいという人も多いと思います。しかしサイズの大きいテレビはインテリアにうまくなじませるのが難しいですよね。

せっかくリノベーションするのだから、すっきり見えるように工夫したいものです。
そこで今回は、リノベーション後のテレビの置き方アイデアについて紹介します。どんな設置方法にするか迷った時の参考にしてくださいね。

■【おすすめ置き方1】既製品のテレビボードに置く
家具店などで購入した既製品のテレビボードを使ってテレビを置く方法は、音響機器やゲーム機などを入れ替えることが多い人におすすめ。テレビボード自体が動かせるため、配線の作業がしやすいです。

また、将来的にテレビを買い替える時に、テレビサイズが変わっても対応しやすいメリットもあります。収納力のあるテレビボードならゲームソフトやDVDをたっぷり収納できますね。

■【おすすめ置き方2】造り付けのテレビボードに置く

テレビを設置したい位置に造り付けのテレビボードを取り入れる方法もあります。シンプルに棚板だけ設置したり、扉や引き出しのついた収納を設置したりと、しまいたいものにあわせることができます。

マンションの場合は梁やパイプスペースなどで出っ張っている部分の下に造作してテレビを置くのもおすすめ。横から見た時にテレビが前に出ていないので、すっきりした印象になります。

また、壁の一部をテレビサイズにあわせて凹ませ、ニッチを作る方法もあります。テレビだけが奥まった位置に収まるので、こちらもすっきり見せることができますよ。

TVボードに設置する場合はTVの固定もお忘れなく。
ふいに訪れる地震で悲しい思いをしませんように。

■【おすすめ置き方3】壁掛けにする

テレビを壁掛けにすると、壁の中にすべての配線を引き込めるのが魅力。ごちゃごちゃした配線が見えないのですっきりする上に、ホコリも溜まりにくくて掃除がしやすくなります。
また、テレビ視聴時に座る位置から見やすい高さに設置できるのもポイント。
配線を壁の中に隠す(隠ぺい配線)は注意が必要です。
工事前に「TVと周辺機器の接続ケーブルの種類・本数」などをあらかじめ決めて注文するようにしてください。
また、将来的な拡張性を持たせるために予備の空配管(電線管)を通しておくのも良いでしょう。

床・ソファ・ダイニングチェアなど、座る場所によってテレビが見やすい高さは異なるので、壁掛けする時はライフスタイルにあわせて調節できます。
そして、壁掛けにすると地震の際に落下しにくいのも大きなメリット。すっきりした見た目で地震対策もできて便利です。

■テレビをすっきり設置できる方法を考えよう
リノベーションの時に考えたいテレビの置き方アイデアを紹介しました。テレビボードを造作したり壁掛けにしたりと、リノベーションだからこそできる方法はすっきりと仕上がります。
また、機器の入れ替えのことを考えて、既製品のテレビボードを取り入れる方法もあります。テレビを見る位置なども考えながら、どの設置方法がいいか考えてみてくださいね。