リノベーションの勉強「MUJI HOTEL GINZA」

 

こんにちは仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。

新型コロナに最大限の注意を払いながら銀座にある「MUJI HOTEL GINZA」に来ました。
自然素材を惜しげもなくふんだんに使ったお部屋は「圧倒的に心休まる空間」。

オークの無垢フローリング、優しい色合いの塗り壁、肌触りの良い布クロス、フワフワしすぎないベッド、フカフカのお布団、絶妙な間接照明、洗練されたパウダールーム&シャワーブース、引き出しがおしゃれなデスク、TVから流れる耳に心地よいBGM、デスクのケーブル隠しetc…

どれも考えつくされた素晴らしいもの達ばかり。
家づくりに携わっている一人としてあらためて「まだまだ勉強が足りないな」と気づかされる経験でした。

実は間もなく着工する「リノベーション工事の参考になれば」と思い、設計スタッフ・営業スタッフと一緒に急遽上京することになりました。

フロント階にあるサイン。いたるところに木材が使われていています。

廊下のInformation signs。塗り壁とホワイトのカルプ文字が素敵です

Aタイプを予約していましたが「お部屋に空きがございましたのでCタイプにアップグレードさせていただきました」!という粋な計らいでゆったり目のお部屋に泊まることができました!ありがとうMUJI HOTELさん!

ワンルームってこのくらいの広さで十分なんだと実感。
幅2160mm×奥行6650mm=14.36㎡=約8.6帖 同じ8.6帖でも細長くすることで大きなダブルベッドを配置してもゆとりがあります。
この部屋に間口1380mm×奥行600mmのクローゼット。お部屋とクローゼット併せても約9.14㎡でこの空間を作ることができるんですね。

こちらがクローゼット

このくらいあれば洋服が沢山収納できますね。
右側には引き出しも。引き出しを増やせばアンダーウェアなども沢山収納できます。
見てくださいこの間接照明の感じ。扉の開閉にあわせてON OFFする素晴らしい設計。

ワークデスク。とっても使いやすくこのままofficeに持っていきたい!

この蓋 何だかわかりますか?

コンセントが隠されていて、あまり見せたくないコード類を収納できるんです!
流石!なんと素敵な心遣いなんでしょう!

パウダールームは床も壁もタイル。
タイルと木って本当に相性が良いですね!
鏡の裏側にも木が使われていてその「本気度」がわかります。

洗面化粧台の引き出しにはアメニティ類が「キチン」と収納されています。

このお部屋にはバスタブはありませんが、快適なシャワーブースです

こちらはTVの壁掛けBOX こんな風にしたらカッコいいですね

塗り壁がやわらかな雰囲気を醸し出しています

中身も素敵なおしゃれな本が飾ってありました。

Japanese restaurant「WA」こちらで朝食をいただきました。
コロナウイルスの影響でビュッフェではなく和定食か洋定食となっていましたが・・・

角煮・アジの開き・厚焼き玉子・温泉卵・お浸し・サラダ・香の物・にデザートまで!
とっても美味しくいただきました!

MUJI HOTELの良さ 伝わりましたでしょうか?
皆様も東京にお出かけの際には「自分へのご褒美」に是非!

MUJI HOTELさん 帰りは少し遅くなりますが・・・行ってきます!

MUJIホテル銀座

東京都中央区銀座3-3-5

tel. 03-3538-6101

メニューを閉じる