間接照明でおしゃれに!

家というのは、賃貸であっても持ち家であっても生活していく上で大切な物です。家に対して雨露をしのぐ場所としてしか捉えてない人もいれば、如何に快適に住みやすい空間にしようかと試行錯誤している人もいます。
住宅展示場を見学すると様々な住宅メーカーがあり、説明を聞いているうちに、『住みかえようか』『新築するのもいいかも』とか思ったりします。
けれど子育てに掛かる費用や老後のことなどを考えると、現実に引き戻されてしまいます。それならリフォームやリノベーションを考えるのがいいかもしれません。
新築より費用を抑えて快適空間を手に入れることができます。やはり住み慣れた家は良いもので、なるべく引っ越しは避けたいですからね。今回は、おしゃれに部屋を演出する間接照明をご紹介します。

■間接照明って?
間接照明を簡単に言えば、部屋の明るさを確保するための物となります。壁面や天井に反射した間接的な光で周りを照らします。
直接照明と比べると穏やかな光で、狭い部屋を広く見せる効果があります。種類も豊富で好みの物を選べば、おしゃれなインテリアになります。
配置する場所によって雰囲気も変わりますから、センスを生かしてムードある部屋作りを楽しみましょう。

■間接照明の種類
◆コーブ照明
天井面に光を当てるもので、高い天井や細長い空間などに効果的と言われます。優しい光でお部屋が柔らかな印象になります。

◆コーニス照明
壁に平行に下向きに光源を取り付けたもので、壁面を明るくすることで空間に広がりを感じさせる効果があります。

◆スポットライト
スポットライトはインテリアの一部を照らすことで、その部分に視線が注がれます。それは壁や天井、インテリア用品、フォトスタンドなどであったりします。光が一点に集中することによって、一点が強調されます。

◆フロアスタンド
フロアスタンドは間接照明の中ではメジャーで、最も使用しやすく、手軽に移動させることができます。置く場所によって、自分のイメージに合った部屋作りが可能です。

◆クリップライト
スポットライトをクリップ式にしたもので、クリップで挟める場所ならどこでも取り付けられます。

◆アッパーライト
この照明は上から照らすのではなく、下から上へ照らすタイプです。普通の照明では照らさない部分に光を当てる為、間接照明らしい演出をしてくれます。

◆テーブルライト
デスクライトやベッド脇に置くナイトスタンドとして使える上、インテリアにもなります。

■間接照明の効果とは?
◆おしゃれな温かい空間を作る
間接照明を当てることで、当たっている部分と光の弱い部分に陰影ができます。そのおしゃれ感と柔らかい光が温かい空間を生み出してくれます。
◆インテリア作りを演出する
間接照明自体がインテリアにもなりますが、お気に入りのインテリア小物や絵画などに光を当てることで、当たっている部分が強調されます。
◆リラックスさせる効果がある
柔らかい光は、副交感神経が働き精神をリラックスさせます。寝室に好みのタイプを設置することで安眠に繋がります。

■まとめ
間接照明は、おしゃれな物が多いのでインテリアとして活用するのもいいですね。最近はPCやスマホの依存で眠れない人が少なくありません。間接照明の柔らかい光でリラックス効果を高め、心地よい眠りを手に入れましょう。
ちなみに間接照明の価格は、2,000円~50,000円位で幅が広いです。

メニューを閉じる