インテリアグッズを手作りしてみましょう

こんにちは仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。

オークションのサイトなどを見ていると、出品者の才能が光る物が少なくありません。中にはプロ顔負けの作品まであって驚かされますね。住まいのインテリアを考える時、どうしても見栄えの良いブランド物などでコーディネートをしてみたくなります。
せっかくリノベーションやリフォームをしたのだから、少し背伸びをして高価な家具や食器、インテリア用品で決めたい!ということもあるかもしれません。そんな時視線を変えて世界に一つだけのインテリアグッズを手作りしてみませんか?今回は、簡単に作れるハンドメイドグッズをご紹介します。

■インテリアグッズをハンドメイドで!
私は不器用だからとか言う人もいますが、手作りの良さというのは完ぺきな物を作るのではありません。少々難があってもそれはそれで味があっていいですね。

◆タオル
お祝いの品としても頂くことが多いのがタオル製品です。タオルと言っても可愛いキャラクター物からブランド物まで、使うのが勿体ない位素敵な製品が多いです。
キャラクター柄のバスタオルでバスマットを作って上げると、子供は入浴タイムがより楽しくなるようです。只畳んで両端を縫うだけですから簡単ですね。少し手を掛けるならレースで縁取りをするというのも良いでしょう。
ハンドタオルを二枚使ってポシェットにしたり、フェイスタオルをウオールポケットに変身させることも可能です。あくまで上質のタオルでデザイン性に優れた物限定になりますが、ギフト用のタオルは、本当に拭くという目的だけに作られたのではないように思われます。それほど品質も良く、色使いとデザインが素敵です。

◆段ボールの活用
段ボール箱って結構たまりませんか?分解し直ぐに捨ててしまう人も多いでしょうが、様々な大きさの段ボールは、目的に合わせて活用することができます。今の時代は見栄えの良い100円グッズがありますから、何でも揃ってしまいます。
けれど捨ててしまう段ボールを活用するのも良いのでは?と思います。お金さえ出せば好みのインテリアグッズは手に入りますが、物を上手く活用するのも生活していくには大切な心掛けです。段ボール箱に好みの包装紙や布を貼って、収納箱として使うのはどうでしょうか?不用品を使うことがミソですが、女性は包装紙や紙袋を必ずストックしています。ブランド製品の紙袋をコレクションしている人も多く、自分だけのオリジナルインテリアグッズを作るのも楽しいものです。

■まとめ
以前友人の新居を訪れた際、カーテンがハンドメイドだったのが印象的でした。友人の一人が、「カーテンぐらい買えばいいのに!」と言っていましたが、好みの生地を買ってきて一日で縫い上げたそうです。住まいを思う気持ちは人其々で、お金を掛けたからといって良い住まいが得られるとは限りません。
帰りたくなる家には、家族が落ち着ける暖かな空間と癒しがあるのでしょう。住まいに不自由さを感じてきたなら住み替えるのではなく、是非帰りたくなるリノベーションを検討してみて下さい。

こちらのデスクはCocoRenoの自作
簡単な家具ならDIYも悪くないですよ

メニューを閉じる