人気のガーデンシェッドとは?


こんにちは仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。

年配の方が、「何でも横文字にして意味が分からない!」とこぼしているのをよく耳にします。そう言えば政治家が使っている『レガシー』という言葉も和訳すると『遺産』ですものね。普通に日本語で言えば良いものを、異文化交流の一環でもあるのでしょうか?時には横文字の方がスタイリッシュということもありますが・・・。
今回は、主婦に人気のガーデンシェッドに焦点を当てていきましょう!

■ガーデンシェッドとは?
ガーデニングを趣味としている女性は多く、特に主婦に人気を得ています。趣味程度に楽しんでいる人もいれば、本格的に一から学んでいる人も少なくありません。
ガーデニングを続けていると用土や肥料などガーデングッズが増え、保管するスペースが必要となってきます。そこで物置小屋の出番となるわけです。
かつて物置というのが庭に設置されていた家が結構あったのではないでしょうか?その物置をオシャレに変化させたのがガーデンシェッドなのです。

◆物置とは違ったオシャレ感
ガーデニングの本場、欧米などから来た呼び方ですが、スマート感がありますね。見た目も普通の物置ではなく、壁や扉をオシャレにペイントして庭のアクセントにしたりします。
中にはガーデングッズを並べる棚やほうきなどを掛けるフックを付け、限られたスペースを有効活用します。ガーデングッズだけでなく、アウトドアグッズの保管場所としても重宝します。家をリノベーションした際に、物置とは一味違うガーデンシェッドを設置すれば、住まいと外観との素敵なコーディネートが可能になります。

■ガーデンシェッドの選び方
◆サイズを確認
置き場所と収納するものを把握してサイズを決めなければなりません。ある程度余裕のあるサイズが最適です。

◆材質
素材には木製や金属製、樹脂製などがありますから、特性などを考えて使い易いものを選びましょう。カラフルな色合いの物が人気を集めています。

◆予算
組立て工事が必要となる為、本体価格以外の費用も考えておかなければなりません。見積もりを出してもらって、しっかり予算を立てましょう。

◆災害対策
ある程度重量があっても、台風などによって転倒してしまう実例はたくさんあります。出来れば転倒防止工事をしておけば安心ですね。

■まとめ
結局は庭に物置を設置することなのですが、ガーデンシェッドの大きな目的は、オシャレな収納スペースを作るということにあります。かつて納屋と呼ばれた屋外の収納庫が農家などにありましたが、あくまで農機具や農作物を保管する為のものでした。
年を経て住まいの在り方も変化し、住まいにスタイリッシュ感やオシャレ感を求めるようになってきました。勿論快適な住まいづくりが中心ですが、生活を楽しむというのも現代人のステイタスになっているようです。
DIY用のガーデンシェッドもありますから、家族で造ってみるのも楽しいかもしれません。

メニューを閉じる