住宅ローンの流れ

こんにちは。仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。

本日は「住宅ローンとリノベーションの流れ」について書いてみたいと思います。

銀行にも色々ございますよね。都市銀行・地方銀行・ゆうちょ銀行・労働金庫…そしてネット銀行など。

銀行によっては、マンションなどの物件価格はもちろんのこと、売買に伴う諸費用 そしてリノベーション費用も住宅ローンに組み込めることをご存じでしょうか?

CocoRenoでは主に地方銀行と労働金庫で上記のようなお取り扱いをして頂いています。

ちなみに多くのネット銀行でもリノベーション費用を融資いただくことは可能ですが、住宅ローンとは別契約になることが多ようです。
次の現場ではお客様のご要望で「イオン銀行」さんにお願いすることになりました。

さて、ここからは「住宅ローンとリノベーションの具体的な流れ」をご紹介いたします。

上段がローンの流れ、中段が物件の流れ、下段がリノベーションの流れとなっています。

物件が決まり、銀行さんに事前審査を提出するところからが始まりとなります。
事前審査から約1週間で事前審査の結果が通知されます。その後正式申込をし、さらに1週間後に融資が承認されます。
融資承認後に金銭消費貸借契約といってお金の貸し借りの契約をお客様と銀行さんの間で結んでいただき、1~3営業日後に融資が実行(振り込まれる)というものです。

融資実行の際には、売主様・司法書士の先生・お客様と仲介会社が銀行に集まり、書類のやり取りや振り込みの手続きをしていただくことになります。
※銀行さんの混み具合によりますが、概ね1時間半~3時間ほど掛かります

融資実行された時点で売主様に残代金をお支払いし、鍵が手渡され「名実ともにマンションのオーナー」になります。

ここからがリノベーション工事の出番です。

まず管理組合さま宛てに「専有部分の修繕工事申請書」を提出します(物件によって名称は異なります)。
約3週間~4週間ほどで工事が承認され、工事がスタートとなります。

ですが、その前に決めることが山ほどあります。
間取りはもちろんのこと、キッチンや浴室などの設備機器、内装に使うフローリングや壁紙・タイル、ドアや収納に使う建材など…。

これを、住宅ローンの事前審査提出頃から打ち合わせを開始し、1か月~2か月間の打ち合わせ期間を経て、図面や仕様書という物が完成していきます。

と、文字にすると「なんだか大変そう」「面倒かも」と思われるかもしれませんが、リノベーションの醍醐味のひとつです。
むしろ「この時間が一番楽しい」と感じる方もいらっしゃいます。

住宅ローンの難しい手続きも全てCocoRenoがサポートいたしますので、お客様はリノベーションの打ち合わせをどうぞお愉しみいただければと思います。

工事の完成は着工から約2か月となります。

一緒にお祝いしましょう! お客様の「笑顔のリノベーション」を!

メニューを閉じる