床暖房のメリットとデメリットを理解してリノベーションしましょう!

皆さんこんにちは仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。

家をリノベーションする際に、床暖房を検討する方も多いのではないでしょうか?床暖房は、床を暖めて其の熱が床を伝わって部屋を暖める仕組みです。床自体が暖まるのは、他の暖房器具より快適に感じます。冷えは足元からと言いますから、床が冷たいと余計に寒く感じるのでしょうね。
今回は、肌寒い時期にも最適な床暖房に焦点を当てていきましょう。

■床暖房とは?
床暖房には2種類あります。
◆温水式
温水式はお湯を循環させて部屋を暖める仕組みで、燃料になるのは電気やガス、灯油になります。エコキュートを組み合わせることで、夜間電力を使用して電気代を抑えることも可能です。

◆電気式
電気式は発熱体に電気を通すことで暖める仕組みです。PTCヒーターを採用すれば、部分的に温度が上がる場所を検知し、その部分の発熱を抑制します。これは省エネに繋がりますから電気の無駄遣いを防ぎます。

◇床暖房のメリット
・部屋全体が暖まる:床面全体を均一に暖める
・空気や肌が乾燥しにくい:エアコンよりも皮膚から水分が蒸発しにくい
・埃が舞いにくく空気がクリーン:埃やペットの毛などを舞い上げにくい
・使いやすい:暖房器具などを出し入れしなくて良い
・家族が集まってくる:快適な場所を求めて家族が集まる

◆床暖房のデメリット
・部屋が暖まるのが遅い:スイッチを入れてから暖まるまで30分~1時間掛かる
・設置工事が必要:工事が必要となる 
・初期コストが掛かる:初期費用が掛かりコストは安くない
・メンテナンス費用が掛かる:年に1回メンテナンスが必要である
・修理費が高額:故障すると大掛かりなので費用が嵩む

◆ガス温水床暖房の場合
水道代が気になりますが循環水を使用している為、水道代はほとんど変わりません。また特徴として、冬季のガス料金がお得になる特典がある場合が多いです。事前に契約ガス会社のリサーチをしておきましょう。

■まとめ
ある調査では、床暖房を設置していても半数以上が使っていないという結果になっているそうです。その理由としては、やはりコストが掛かるというのが大きな要因です。それに今の住宅は気密性が高い為、設置してから床暖房は必要なかったということになるようです。
確かにコストが掛かりますが、環境によっては床暖房の必要性が高まる場合があるので、一概に床暖房を設置したのは失敗だったとは言えないでしょう。先に述べたメリット、デメリットをよく知ったうえで、後悔しない家づくりをしたいものですね。

メニューを閉じる