リノベーションに風水を活用しましょう

こんにちは仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。
風水のイメージってどのようにお持ちでしょうか?スピリチュアルに興味がある人は『信じる者は救われる』という感もあるでしょうが、何か信じがたい物と捉えがちですよね。でも人が神社仏閣で手を合わせるのも、目に見えないものを信じているからです。
そのようなことからも、風水もまんざらではないような気がします。
今回は、リノベーションをする際に運気がアップする活用法をご紹介します。

■風水が家にもたらすものとは?
よく年配の人は家の鬼門を気にしますね。鬼門とは北東の方角、裏鬼門の場合は南西の方角を指します。この方角に玄関や水回りを造ることはタブーとされています。その理由としては、造ることで家に災いが生じると信じられているからです。
この鬼門という考え方は古代中国から来ているもので、日本でも古くから伝えられています。風水も約4千年前に中国で発祥したもので、気の力を利用した開運の為の環境学のことを言います。自分の環境全てを使うということですから、衣食住は勿論のこと行動まで影響してきます。
この風水をリノベーションに活用することで、運気アップが実現できるならラッキーですよね。占いのように『当たるも八卦当たらぬも八卦』というようなものではなくて、風水はあくまで自分の行いが左右します。

■リノベーションに風水を活用する方法
まずリノベーションを決断すれば計画を立てますね。そして施工業者と相談しながら細かなことまで計画を練っていきます。風水的に水回りは大切ですから、もしもバスルームやトイレが悪い方角にあるなら思い切って場所を変えるのが良いですね。
家の中でも玄関はとても大事な場所で、家の顔とも言われています。そして家の中と外を繋ぎ、良い運気を取り込む役目を果たしています。ですから掃除も念入りに行い、空の花器を置くのは厳禁です。空の花器は良い運気を吸い込んでしまうからで、置くなら必ず花を生けることをお勧めします。
そしてリノベーションを進めていく中で、デザインやカラー、素材を選択していきます。
その時にも風水の力を信じて、自分のラッキーカラーなどを選ぶと良い方向に導かれるということがあります。西の窓に黄色い物を置いたりすると金運に恵まれるというのを聞いたことがありませんか?
せっかく風水を取り入れてリノベーションをしても、掃除を怠ったりすると運気を逃がしてしまいます。何事も行動することが大事で、怠惰では良い結果が生まれません。

■まとめ
一日掃除を頑張って玄関などを綺麗にすると、何故かお客さんが来るということが良くあります。これは私も経験がありますが、家の空気を入れ替えて念入りに掃除をしていると誰かが訪れるということがよくありました。これは風水的にはよいことなのだそうです。整理整頓をしたりしても気分がスカッとしますね。
リノベーションに風水を取り入れることで、気持ちも運気もアップできれば最高だと思いませんか?

メニューを閉じる