マンションのバルコニーの活用法

こんにちは仙台のリノベーション専門店CocoRenoです。

マンション暮らしが長い友人は、住むなら必ずマンションと決め込んでいます。特に5階以上が希望のようで、庭掃除をしなくて良いというのが大きな理由だそうです。ですから彼女の家のバルコニーは殺風景で、洗濯物を干す用途のみという感じです。
せっかく素敵なバルコニーがあるのですから、色々活用して自分好みにコーディネートすればおしゃれな空間に生まれ変わります。今回はバルコニーの活用法をご紹介します。

■バルコニーとベランダの違い
ちなみにベランダとバルコニーの違いをご存じですか?
◆ベランダ
ベランダとは屋根付きのスペースで、外に張り出した部分を指します。屋根があることで洗濯物を干すことができます。
◆バルコニー
バルコニーとは屋根のない手すり付きのスペースのことで、庭のような感覚で捉えることができます。ルーフバルコニーとは、下の階の屋根を利用し広いスペースであることが多いです。

■バルコニーの活用法
◆家族との寛ぎ空間を作る
戸建ての家ではウッドデッキを活用している場合が多いですね。マンション住まいでもバルコニーを活用すれば、家族との寛ぎ空間を演出することは可能です。まずむき出しのコンクリートにウッドデッキやタイルを敷くと、イメージがガラリと変わります。
人工芝を敷けば、小さな子供の遊び場にも使えますね。
そして椅子やテーブルを設置すればリゾート感が楽しめます。ホームセンターなどに行けばシャレたガーデニングファニチャーが数多く販売されています。照明を付けて夜風に吹かれながら食事をするのも良いものではないでしょうか!

◆ガーデニングを楽しむ
ガーデニングを楽しむ方は年齢問わず少なくありません。バルコニーでも十分可能ですから、草木を育てたり家庭菜園を楽しみましょう。戸建てのように花壇を作るのは難しいですが、プランターや植木鉢を上手く使えば小規模であっても、自分だけの癒しの場となります。
その際落下には気を付けないといけませんので、置く位置に注意をし余り背の高い植物は避けた方が良いですね。バルコニーも共有部分となりますから、手入れはしっかり行い近隣に迷惑にならないようにしなければなりません。マンション暮らしは住民同士の気遣いが不可欠で、自分勝手な行動は和を乱します。
■まとめ
『バルコニーでしてみたいことは?』というアンケートで、一番多かったのはガーデニングで、あと飲食、読書、昼寝が続きます。やはり人は緑や自然を求めるという本能のようなものがあるように感じます。部屋の中に観葉植物を置くだけでも、心が和みますし風水的にも良いとされています。
バルコニーを活用することで心も身体もリフレッシュし、家族とのコミュニケーションが深まればいいですね。

メニューを閉じる