変動金利?それとも固定金利?フラット35リノベはとってもお得!

あっという間にお盆休みが終わってしまいましたね。
CocoRenoも本日より営業です。

さて住宅を買う時ローンって皆様どのようにお考えですか?やはり金利の低い変動金利でしょうか。統計的にはやはり変動金利を選ぶ方が多い結果となっています。

変動金利だと0.4%台~0.6%台が一般的です。一方の固定金利であるフラット35は1.12%と1%を少し上回る金利です。「やはり変動金利だな」という方ちょっと待ってください。フラット35には一定の水準を満たす優良住宅には5年間又は10年間の金利が0.3%引き下げられるフラット35S※1があるんです。ということは当初5年若しくは10年間は金利0.82%で借りることができるんです。しかもその後も1.12%で全期間固定。なので金利が大幅に変動することは無いのです。

さらに!中古住宅(マンション)を購入してリノベーション※2を行う方にはなんと0.6%引き下げられ、当初5年間又は10年間は0.52%と変動金利とほぼ変わらない金利となるんです。
これってすごくないですか?
でもいつでも良いわけではなく申込受付の期限は来年の3月31日まで。しかもその前に予算額に達してしまえば申込ができなくなってしまうのです。

住宅やマンション購入の際「金利の低さで変動金利を選ぶ」のはわかりますが、フラット35Sやフラット35リノベの金利引き下げなども考慮して住宅ローンを選んでくださいね。

CocoRenoではお客様に最適な住宅ローンの提案も喜んでさせて頂いております。
中古マンション&リノベーションはCocoRenoにぜひご相談ください。

※1【フラット35】Sとは、【フラット35】※をお申込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅を取得される場合に、借入金利を一定期間引き下げる制度です。
※2【フラット35】リノベをご利用いただくためには、【フラット35】の技術基準に加えて「基準を満たす性能向上リフォームを行うこと」および「中古住宅の維持保全に係る措置を行うこと」が必要です。

メニューを閉じる